NEW

2020.01.24 / おすすめ

【2月のおすすめ】ウールのソフトな質感と、春らしいライトカラー
「ウール混かさね色縮みショールN」

1年でもっとも寒さの厳しい、2月。しっかりと防寒の欠かせない季節です。しかし2月も後半になると、寒さの中にも、少しずつ近づいてくる春の気配を感じ始める頃合いとなってきます。そんな2月、しっかりと暖かい、でも見た目は春を先取りできるショール「ウール混かさね色縮みショールN」のライトカラーをご紹介します。

 

 

1.ふわっと軽やか、ソフトな肌触り

まずこのショールを、手に触れたときに一番最初に実感するのは、「軽くて、やわらかい」ということ。「軽さ」の秘訣は、生地の薄さ。広げたときに、後ろの風景がほんのり透けるほど。ショールのサイズと比較的大判ですが、軽いので首や肩に負担な巻くことができます。

そして「柔らかさ」の秘訣はウール混であるということ。綿55%・ウール45%の混率で、半分近くがウール素材。ウールと綿が合わさることで、ふわっと心地のいい織物に仕上がります。比較的ざっくりと織っているのも柔らかさのポイント。

2.半分から異なる、織りのデザイン

このショールの特長といえるのが、半分から異なる「織り」のデザイン。半分はフラットな薄地の生地、もう半分は伸縮のかかった凹凸のある生地。この二つの生地が無縫製で織られていることが最大の特徴。

半分から織り方が異なるメリットは、「適当に巻いても、綺麗にまとまる」ということ。

こんな感じで、思うがままにくるっと首に巻いたとき、フラットな部分と伸縮の部分が共に見え隠れして、おしゃれにまとまります。

広げて、肩から羽織ったとき、織りで魅せる2トーンが、しっかりと存在感があって素敵です。何も考えず無作為にまとうだけで、綺麗にまとまるので、「巻き方がわからない、巻くのが苦手」という方にもおすすめです。

3.春らしいライトカラー 

ウール混 かさね色ちぢみショールは、工房織座で10年以上作り続けている人気のアイテムです。ウール混ということもあり、秋から冬にかけて使っていただくことを想定し、色は濃色のものをメインに毎年企画をしてきましたが、近年、ご愛用いただいている方からのご意見として、「春から夏前まで使っているよ」というお声を頂くことが度々ありました。現に、工房織座のスタッフの一人が春から夏にかけて使っていまして、スタッフ曰く、「冬はしっかりと暖かく、春から夏前はべたつかず軽やか、防寒だけでなく日よけとしても使っている」と、話していました。

そんな、様々なご意見を参考にし今年初めて作ったのが、この、ウール混 かさねちぢみショールの春らしい「ライトカラー」です。

カラー:フラミンゴ

 上品で大人なカラー「スカイグレー」、フレッシュなイメージに仕上がる「ティーグリーン」、表情が明るくやわらかな印象となる「フラミンゴ」の3色展開、一足早く春をお届けします。

 

 

最近チェックしたアイテム

TOP
再入荷メールを受け取る この商品の再入荷の際にメールをお送りします。利用可能なメールアドレスを以下に入力してください。
Email 入力いただいたメールアドレスは再入荷の通知以外の目的で利用しません。