2020.04.03 / コーディネイト

【巻き方アレンジ】ボタニカル オーガニック
工房織座が織りなす、ふんわり薄地のスヌード

昨年、企画し販売しました「ボタニカルオーガニック ライトスヌード」。工房織座が着尺幅のレトロ織機で織りなす、一重のガーゼ、輪っかの形をしたスカーフ。
ボタニカルオーガニックのコットン糸を使用し、薄地でふんわりと柔らかいのが特徴です。

上下にフリンジがついています
一重の平織りで織ってます

展開から1年がたちましたが、この1年でたくさんの方から、「とてもいい」と、メールやお手紙でお声をいただきました。
 ・肌触りが気持ちよくて手放せない
 ・巻いたときのグラデーションがきれいで、友達からほめてもらった
などなど。
このようなお声は励みになります、ありがとうございます。

さて、今年も引き続き展開中の 「ボタニカルオーガニック ライトスヌード」 。こちら特集では、改めて巻き方についてお伝えします。
ぜひ参考にされてください。

 

 

1.二重巻きにして、ふんわりと

輪っかを首から通して、ひねってさらに2重巻きにする、このスヌードの最もスタンダードな巻き方です。

ふんわりと首に巻くことができるのが特徴で、巻くと淡いグラデーション模様が描かれてとても美しいです。
フリンジ部分を外側にして見せる、もしくはフリンジ部分を内側にして隠す、とでずいぶん見た目の印象がかわります。

輪っかの二重巻きなので、外れたり風に飛ばされたりといった心配はありません。しっかりと首に巻くことができます。そしてコンパクトサイズなので、もたつきにくく、すっきりと身にまとうことができます。

 

2.肩から羽織る

肩からショールのように羽織る身に着け方です。
直射日光を避けたいとき、二の腕を隠したいときといった、特に夏頃におススメのスタイルです。
肩から羽織る部分の色の持ってき方で、また少し印象が変わります。

 

 

3.挟み込んで、コンパクトに 

この巻き方が一番、簡易かもしれません。スヌードのワッカの状態を伸ばして首からかけて、端へ挟み込むコンパクトな巻き方。
とても簡単に巻けますし、小さく首元に収まる男性にもおすすめなスタイル。気を張らず、でもスッキリとおしゃれにまとえます。

 

今回、ボタニカルオーガニックライトスヌードの、巻き方アレンジを紹介させていただきました。
4月に入ってまだ少し寒さの感じる季節ですが、これから暖かくなったころや、日差しの強い夏の時期まで、形を変えていくことで長くご愛用いただけるアイテムです。

最近チェックした商品

TOP
再入荷メールを受け取る この商品の再入荷の際にメールをお送りします。利用可能なメールアドレスを以下に入力してください。
Email 入力いただいたメールアドレスは再入荷の通知以外の目的で利用しません。