2020.04.25 / コラム

【コラム】工房織座「布マスク」をつくる 
1.新しい織物への挑戦

 

 

突然ですが今、工房織座内では、数年に一度あるかないかの「高揚感」を感じています。

なぜか。それは、

「新しい織物」に挑戦しているから

 

 

・・・ ちょっとカッコよく書いてしまいました。でも事実。

 

 

「新しい織物」とは、「布マスク」です。
工房織座では、4月21日の火曜日から布マスクに挑戦しています。

 


 

「工房織座らしい、ものづくり」を実現するためには、
まずは、100年前のレトロな織機1台を布マスク用に改造するという、安易ではない、どちらかといえば大掛かりな取り組みからはじめました。

「10日後の4月末あたりに、サンプルがあがればいいか、、、」
そんな風に思っていた2日後の、 23日木曜日。

社長「はい、できた。」
なんと、ファーストサンプルが出来上がったのです。

社内スタッフ皆、驚愕の超ハイスピード。

 

 

あまりにも早く出来上がったので、最初はクオリティについて疑心暗鬼だったのですが、手に触れてみて、そして身に着けてみてびっくり。

それは、自分史上、一番良い布マスク、でした。

 

 

どのようによかったのかというと、
肌に触れる生地は柔らくて気持ちよく、
ゴム紐をかけたときの耳が痛くない (ゴム紐から工房の撚糸機でオリジナルでつくる)、
両端は織りで伸縮させてすっきりと心地いいし、
あと、ポケットが作られているので機能的、使い方に様々な可能性がある。

などなど。

「これはとてもいい!」

そのように感じてから今日まで、工房織座の社長をはじめ、布マスク制作に携わっているスタッフ皆、興奮の冷め止まない状態が続いています。

ただ、ファーストサンプルを使っていると、調整が必要な点がいくつかありました。その課題をクリアするために、今あらゆる素材や番手の糸で試し織り中。
なので、まだ販売には至れず。
あらゆることを想定して慎重に、そしてなるべく早く完成させたいと思っています。

 


 

現在、市場には様々な布マスクが販売されており、今、まさにこれから「マスクを作る!」、というのは遅い取りかかりのように感じられるかもしれませんが、

「なぜ、すぐにマスクを作らなかったのか」
「なぜ、今マスクを作ることにしたのか」

そのあたりも含め、このプロジェクトの進捗を書き綴っていきたいと思っています。

 

 

工房織座 武田

 

 

最近チェックしたアイテム

TOP
再入荷メールを受け取る この商品の再入荷の際にメールをお送りします。利用可能なメールアドレスを以下に入力してください。
Email 入力いただいたメールアドレスは再入荷の通知以外の目的で利用しません。